修理って安全なの?

今回のお話は修理の安全性についてです。

皆様からよく

「部品は純正品なの?」「すぐに壊れたりしない?」「交換したバッテリーは爆発しない?」

などなどお声をいただきます。

初めてのご利用で不安になられる方も多いと思いますのでお答えします!!

 

パーツの安全性について

よくあるのが「純正パーツかどうか」

当店で使用しているパーツは全て純正品ではなく「純正同等品」を使用しています。

ここで勘違いしていただきたくないのがその違いです。

「純正品」と「純正同等品」は正直一緒だと思っています。

古い機種によっては新たに製造されている「純正同等品」の方が質がいい場合もあります。

4~5年前に製造された「純正」バッテリーと最近製造した「純正同等品」バッテリーを比べた場合、メーカーさんはすでに生産が終わっているので使用していなくても劣化していきます。お家の乾電池などがいい例ですね。

「純正同等品」は逆に最近生産されているので言葉通り新品です。その分、使用期限も長くなり劣化もないので長持ちすると言えます。

ただ修理屋によっては安価なパーツを使用しており通常より劣化が早いなんてこともあるそうです。

町の修理屋である当店では信頼できるパーツ屋さんから実績のある部品を仕入れて自信をもって「純正同等品」を販売しています。

 

 

修理後にすぐに壊れる?

これもよくある質問なんですが『「純正品」じゃないからすぐに壊れるんじゃないか』です。

上記でご説明したとおり、当店で取り扱っているのは「純正同等品」です。

バッテリーや画面パネル、充電ポートにいたるまでそうですが質は決して悪くありません。

どうしても初期不良などでお客様にご迷惑をかけることはありますが、通常使用に関しては問題なく使用できるように作られているパーツを利用しています。

お客様の故障原因によっては修理箇所パーツの劣化スピードが変化することもあります。

例えば一番多いのが水没による基板破損です。基板修理をともなう場合、故障パーツの不良ではなく基板のダメージが交換パーツに負荷をかけるケースがあります。

これは例え話は難しいので、なんとなくわかっていただければ幸いです。

 

 

爆発問題

ちょっと前からニュースでモバイルバッテリーが爆発、通話中にスマホが爆発などなんとも怖いニュースが耳に入ります。

確かにバッテリーに使用されているリチウムイオン電池は取り扱いを間違えると、急激な発熱、発火を起こすこともあります。

ただそれらは無理な負荷をかけた場合にのみ起こりますので基本しませんので安心してください。

ただ経験や技術がある専門ではないと大変危険なのも確かですので安易に分解などをしないようにしてください。

 

 

結論

町の修理屋さんはいっぱいありますがどこでもいいわけではもちろんありません。

まずは口コミや知人の評価などを頼りに調べてみてください。その後、店頭でスタッフさんにしっかりお話を聞いてから修理依頼をしましょう!!

説明が曖昧だったりわかりづらかったりしてもしっかり理解できるまで質問してください。お客様の大事なスマホの為です。

お問合せはコチラから

当店ではしっかりお客様が理解していただけるまで説明させていいただきます♪接客時間が長くなる場合がありますがご了承ください。

まずはお気軽にお電話や店頭でご相談ください!