Z3 Tablet compact バッテリー交換

 

皆さん暑い日が続いたり急に雨が降ったり体調はいかがですか?

こんな日は電子機器の調子も悪くなりやすい傾向があります。

特に多いのがほったらかしにしていたタブレットや昔のスマートフォンです。

長期間放置された端末はバッテリーの完全放電により電源が入らなくなったり、リチウムイオン電池が膨張したりします。

今回は放電してしまい電源が入らなくなった「Xperia Z3 Tablet compact」の修理状況をお届けいたします。

 

 

 

休みの間は使えていたけど学校が始まってほったらかしにしていたら電源が入らなくなったとのご相談。

充電器をさしてもうんともすんとも反応がありません。

電流自体は流れているのでバッテリーの経年劣化もあり、車でいうところのバッテリー上がりの状態です。

スマートフォンやタブレットの場合はバッテリー交換により直ることの多い症状です。

 

古いタブレットの使い道としてはYouTubeや簡単なゲームぐらいでは問題なく作動してくれるのでお子様に持たせるには最適です。

今回のお客様も主にYouTube利用でしたのでバッテリーを新品に変えるいい機会との事で修理に入ります。

 

 

 

タブレットはガラス面から分解していきます。

今回はバッテリー交換のみですので画面割れを起こさないように慎重に分解していきます。

正直何回してもドキドキしながら分解しています…

その方がミスなく出来ていいんですけどね。修理業は慣れて気を抜くとすぐにミスにつながりますから。

 

上記の画像の右手の黒い塊がバッテリー本体です。

上を通っている基板コネクタを外し、強力に接着されているバッテリー本体を端末本体に負担をかけないように外していきます。

 

新品のバッテリーを一度接続して動作確認を行います。

この際に起動しなければ原因はバッテリー以外、またはバッテリーを含めておかしいところがある。ということになります。

今回は素直に電源が入り操作確認も問題なかったので、フロントパネルに接着をつけて戻していきます。

 

 

 

フロントパネルを戻したら再度全体の動作確認を行い完了です。

バッテリー交換は比較的安価で修理でき日数も基本かかりません

おうちで眠っているタブレットを再利用しスマートフォンで見ている動画を大きな画面で視聴しませんか?

夏休みに入りお子様にスマートフォンをせがまれるお客様には本当におススメです!

お客様にタブレットがいくらで修理できるかは是非一度ご相談ください♪

 

 

お問い合わせはこちらから